【平井正也 7月より先のライブ】

7月、ライブすくなめなのと、7月末から8月にかけて北海道のツアーが続いていることと
9月にひさしぶりのマーガレットズロースが決まったり、ハイコーフェスがあったりで
決まってること、全部載せちゃえ〜ということに落ち着きました。
少し休むつもりだったけど、8月からいきなりライブ多いです。
↑ねこです。

【平井正也 7月のライブ】


●7月21日 (土) 
別府市 万屋 水銀、赤、水色
『三つ叉音楽会』
出演:平井正也、島津田四郎、FLASHザ徒歩5分
時間:オープン18:30 / スタート19:00
料金:2,000円(ドリンク付き)
フード・ドリンク:しそにぬ
問:info@nelco-web.com
〒874-0812大分県別府市朝見2−3−5


●7月26日 (木)
福岡 清川 芫
『トンだ夜』
出演:平井正也、とんちピクルス
時間:オープン19:00 / スタート20:00
料金:2,000円+1オーダー
〒810-0005 福岡県福岡市中央区清川1丁目2−22
電話: 092-531-0957


●7月27日 (金)
札幌 天狼星ドッグスター
『歌い咲きススキノサンダーロードvol5』
出演:平井正也、一番星☆蛇ッ太、他
時間:オープン19:30 / スタート20:00
料金:2,500円 (1ドリンク付き)
北海道札幌市中央区南5条西5丁目
モモヤビル 8階


●7月28日 (土)
北海道 旭川 勝龍寺
『旅と日常』
出演:平井正也、Jaaja+石丸だいこ+A2C(GIANT STEPS)
時間:スタート17:00
料金:1,500円(飲食持ち込みOK。ゴミは各自持ち帰って下さい)
旭川市西神楽南1条2丁目


●7月29日 (日)
北海道 滝川市 酒月
『旅と日常〜満月祭〜』
出演:平井正也、アラヤタツロウ
時間:オープン18:00 コース料理スタート
料金:3,500円(コース料理+1ドリンク付き)
※限定20名
〒073-0022 北海道滝川市大町4丁目1−17
電話: 0125-74-5055


●7月31日 (火)
北海道 新十津川 浪漫村nijinos
『旅と日常〜Nijinos真夏の宴〜』
出演:平井正也、Jaaja+石丸だいこ+A2C(GIANT STEPS)、アラヤタツロウ
時間:オープン18:00 / スタート19:00
料金:投げ銭+1オーダー
〒073-1106 北海道樺戸郡新十津川町総進217−19
電話: 0125-76-3222


【平井正也 8月のライブ】

●8月 1日 (水)

北海道 苫小牧 BAR OLD   
『旅と日常 〜屋根の下世界音楽祭〜』

出演:平井正也、Jaaja+石丸だいこ+A2C(GIANT STEPS)、セーターズ、かたつむりスピード
DJ:KING KINTA
時間:スタート 20:00
料金:投げ銭+1ドリンク

BAR OLD
北海道苫小牧市 新中野町2-7-19
電話:070-5284-2719

 

●8月 3日 (金)
札幌 161倉庫

『旅と日常』

出演:平井正也、Jaaja+石丸だいこ+A2C(GIANT STEPS)、ヌルマユ
時間:オープン18:30 / スタート19:00
料金:1,500円+1オーダー
〒065-0016 北海道札幌市東区北16条東1丁目2−10 西沢水産ビル B1F
電話: 011-721-7193


●8月 4日 (土)
北海道 札幌 ファブカフェ
『旅と日常』
出演:平井正也、Jaaja+石丸だいこ+A2C(GIANT STEPS)
時間:スタート17:00
料金:予約 2,500円 / 当日3,000円(いずれも+1ドリンク)
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目5−4
電話: 011-272-0128


● 8月 5日 (日)
名古屋 今池 豆ねこ
『平井正也 真夏の豆ねこdeたっぷり唄う』
出演:平井正也
時間:19:00スタート
料金:投げ銭+テーブルチャージ300円+ご飲食代
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池4丁目10−1 プロスパー第3ビル 4F
電話: 052-732-3986


●8月10日 (金)
山口県 岩国市 himaar
島津田四郎 4thアルバム『リタ』レコ発ライヴ!
出演:島津田四郎
オープニングゲスト:平井正也DUO(ウッドベース森孝允)
時間:オープン19:00 / スタート19:30
料金:2,000円(中学生以下1,000円)+1ドリンク
〒740-0017 山口県岩国市今津町1丁目10−3


● 8月11日 (土)
岡山 ペパーランド
『let it be!&みんなどこかで繋がっている』
出演:平井正也DUO(ウッドベース森孝允)、池藤雅哉、正躰優希、渦、アリモトタカヒロ、他
詳細おまちください!
〒700-0011 岡山県岡山市北区学南町2丁目7−4


●8月12日 (日)
鳥取県鳥取市 小沢見 海の家
『平井正也LIVE ぼーっとして海の家』
出演:平井正也DUO(ウッドベース:森孝允)
時間:オープン16:30 / スタート17:00
料金:1,500円+1オーダー
予約・問合せ先:carunhoshi@gmail.com(カルン)

 

●8月13日 (月) 
島根県松江市 グリーンズベイビー
出演:平井正也DUO、マイトリー
時間:オープン / スタート18:00 
料金:投げ銭+1ドリンク
〒690-0887, 島根県松江市殿町204 
電話: 0852-61-3208

 

●8月14日 (火)
山口県下関市 cafe&bar com
『commusic!2018 ch6』
出演:平井正也DUO(ウッドベース 森孝允)
時間:オープン19:00 / スタート19:30
料金:前売1,500円 / 当日2,000円(+1ドリンク)
〒750-0067 山口県下関市大和町1丁目3−12


●8月25日 (土)
新潟県新発田市 顕法寺
『お寺でロックコンサート vol.3 〜夏の夜の幻〜』
出演:平井正也、音酔、ムッシュ・セボーン、FRESH RECEPTIONIST
時間:オープン16:30 / スタート17:00
料金:前売2,000円 / 当日2,500円
予約:電話 0254-22-3892(顕法寺)
メール:hirai@magazuro.com


●8月26日 (日) 
新潟市 よろてば沼垂
『水と土の芸術祭2018 市民プロジェクト』
清五郎さん The Fermented women スペシャルライブ&ダンスパフォーマンス
出演:平井正也、 MIRA、FRESH RECEPTIONIST
ダンスパフォーマンス:樋口帆波
時間:オープン17:00 / スタート18:00
料金:2,500円(小学生以下無料 / 65歳以上1,000円)
新潟市中央区沼垂東2−9−5
(ジャズバーRICO 隣)


●8月31日 (金)
新潟県長岡市 音楽食堂ZERO
出演:平井正也
時間:オープン18:00 / スタート18:30
料金:2,000円(1ドリンク付き)
音楽食堂ZERO
〒940-0065 
新潟県長岡市坂之上町2丁目3−5 地下 1 階 ドルミー壱番館ビル
電話: 0258-32-9336


【平井正也 9月のライブ】


● 9月 1日 (土)
東京 新宿 red cloth
red cloth 15th ANNIVERSARY 番外編『15周年だョ!全員集合』
出演:マーガレットズロース、パイナップルフリーウェイ、ザ ワイワイズ、チャーリーバイセコー、THE LOW NUMBERS、太陽民芸
時間:オープン17:30 / スタート18:00
料金:前売2,400円 / 当日2,900円
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-28-12 DS新宿ビルB1
TEL 03-3202-5320


●9月 2日 (日)
茨城県 つくば市 kitchen soya
『ぼくは枕木に乗っかって』
出演:平井正也
オープニングアクト:tetkek
時間:オープン18:00 / スタート18:30
料金:前売2,800円 / 当日3,000円(いずれもドリンク付き)
茨城県つくば市東光台3丁目14−6
電話: 029-847-7470


●9月13日 (木)
東京 中野 BESPA

『ベベベベ、ベスパ!』
出演:平井正也、あだち麗三郎
時間:オープン19:00 / スタート19:30
料金:2,500円+1ドリンク
〒164-0001 東京都中野区中野5-54-8


●9月22日 (土)
埼玉県 入間市 MUSIC CAFE SO-SO
『たけしくん、あそぼ!』
出演:平井正也、大川たけし
〒358-0006 埼玉県入間市春日町1丁目3−3
電話: 04-2966-1036


●9月23日 (日)
栃木県宇都宮市 tera coffee
出演:平井正也、高橋柚一郎
〒320-0802 栃木県宇都宮市 江野町6−9 カクニシビル B1F
電話: 028-666-8112


●9月30日 (日) 
秋田県 田沢湖 思い出の潟分校
『ハイコーフェス9〜潟分校 CLOSING SCHOOL FES 2018〜』
出演:平井正也BAND、齋藤キャメル、僕のレテパシーズ、PLUTATA+、鈴木実貴子ズ、
マドベ、THE TOMBOYS、キャンディキャンディ、デリシャスウィートス、錯乱前戦、小棚木もみじ
詳細は公式HPにて
https://haikou-fes.jimdo.com


「湯上りおざしき音楽会」

2018.6.19
別府 紙屋温泉公民館「湯上りおざしき音楽会」


自分の住んでる街でライブを作るのは、旅するのとは全然違う大変さがあるもので。
遠くからやって来る素晴らしいミュージシャンに別府を好きになってほしいっていう気持ちが、へーんなプレッシャーになってはじまるまでは胸がきゅーっとなる。
自分が普段あちこちでめちゃくちゃお世話になって旅している分、いざ迎える立場となると張り切ってあれこれやろうとしてパンパンになってしまう。


それでもやっぱりちゃんと本番はやって来るので助かる。
いろいろ準備が間に合わなかったこと、どーでもよかった思える程、言葉にできない満足感で胸がいっぱいになる。


空がひっくり帰ったような大雨に隠れて、素晴らしい音楽会がはじまりました。
座敷の湿気のせいか、なにか音楽が胸にとても近いところで鳴っているような感覚で、とてもよい空間だったと我ながら。


オープニングは森孝允。ウッドベースの弾き語り。
ぼくとのデュオで森ちゃんの曲をやることはあったけど、客席でソロライブを観るのは初めて。
歌っていうのはどうしてもおおげさになってしまったり、飾りがついてしまったりするものだと思うけど、森ちゃんの歌は馬鹿みたいにそのままで、森ちゃんの人生の一部を切り取ってそのまま舞台に乗せているみたい。
苦手だからというのもあるけど、MCはなくて、曲の導入に詩を朗読する。それが、どこか恥ずかしそうなのがとても切実に響く。
途中からギターとコーラスで参加しました。
先日ライブの後、お客さんから感想が届いてはじめてぼくのファンができたってうれしそうに話してたけど、森ちゃんの音楽好きな人は森ちゃんが気づいてないところでたくさんいると思う。
うちで録音した森ちゃんのファーストアルバム、世に出るのがたのしみです。


2番目にぼく。前日に森ちゃんと練習してたらたくさん一緒にやりたくなって、最初から参加してもらいました。
ギターは久しぶりにギブソン、青の335。チューニングが狂いやすいんだけど、どうしてもあの、ちょっと泣いてるような音で新曲の「6月」を弾いてみたかったので。
旅に連れていくには不安のあるギターだけど、こんな時こそ使いたい楽器を試してみるのもいいもんだなあ。
湿気も手伝ってか案の定、弾きながらどんどんチューニングが狂う。
けれど演奏しながらどの弦が狂ったか判断して、どんなふうに弾けばあんまり気にならないかとっさに工夫する心の余裕はあった、けれど実際音に反映するほどの技術的な余裕はなかった。。
もっとこのギターと一体になりたいなあ。
しまが生まれた2006年製のギター。もう12歳。
途中一曲だけアコギに持ち替えて「穴」。
ボーカルマイクでギターを拾って、歌は生。
これはめちゃくちゃ気持ちよかった。
終盤に入って「6月」。この日はこの一曲を聴いてほしくて。ひとりでギター弾いてても出てこない発想が、森ちゃんとの練習で演奏する度にどんどん湧いてきた。ほんの少ししか言葉がないけど、たくさんの記憶や景色が浮かぶような曲になってきました。曲が終わるのが惜しいような。


最後はゲストの良元優作。
ギターの一音鳴って、空気が変わって
一声発して、また空気が変わる。
日々鍛錬して磨いていないと出せない音。
その演奏や歌唱は我が道を突き進み過ぎだけど、実は根っこは森ちゃんみたいに超シンプルな音のような気がする。
誰にもまねできない弾き方、歌い方で、伝わってくるのは、不思議と誰もが感じたことがあるような感覚で。
言葉にすると薄っぺらいですが、自分だけの体験をみんなが共有したような感覚になるっていうのがシンガーソングライターの仕事だと思うんですが、まさに優作はそれ。
いろんな曲聴けたけど、「缶のゴミの日」。
目の前にごみ収集車がいるような感じ。そんでいきなりなんの脈略もなく眼鏡ワイパースイッチオン。なんのこっちゃ。これこそライブじゃなきゃ分からない。サイコー。


この日出演の3人とも77年生まれという偶然。最後に全員で優作の「ペプシドライブ」とボンクラ峠の「いろいろ」を。
演奏中は窓を閉め切った蒸し暑い座敷で、辛抱強く聴いてくださった沢山のお客さん、本当にありがとうございました。


出店のトキドキエンゼル、すまちゃん。万屋 水銀、赤、水色の山田くん。ほおのき畑の林田さん。おかげさまでみんな大満足。ありがとうございました。


ドリンク出店は我々、しそにぬがやらせてもらいました。ドリンク付き料金にすることで大阪からやってくる優作にできるだけたくさん渡す作戦。でもわかっちゃいたけど音響持ち込んで、会場作って、受付して、ドリンク出して、ライブするのは大変。
しかも追い打ちをかけるようにじんたが不機嫌でゆみこのおにぎり食べず、出店のフードも意地はって食べず、眠くてべそかいて帰りたがったり。
それでも、またやりたいと思ってしまうから不思議。大変なことって、すんでしまうと笑えるな〜その時は必死だけど。


撤収時、台風みたいに降り出してびしょ濡れ。おかげでおかしなテンションになって我が家の打ち上げはおそくまで大盛り上がり。
日付が変わって6月20日はゆみこの誕生日。
優作がギターを弾いて、森ちゃんが口でベースをやったんだけど、その口ベースが、「ぼんぼぼんぼんぼんぼん」ってそれハッピバースデートゥーユーってうたってるやん!ベースじゃねー!
久しぶりに酒が足りなくなるたのしい宴。
そんなときに限ってなにがたのしかったのか覚えていないや。

 


『ムジカ移転と平井41歳と岡野引っ越しを祝う会』

2018.6.10 梅田 ムジカジャポニカ
祝・ムジカ新天地『ムジカ移転と平井41歳と岡野引っ越しを祝う会』


38歳の誕生日に浜松エスケリータ68でライブしてから、毎年6月10日にライブしています。
39歳は名古屋の豆ねこ。40歳は秋葉原クラブグッドマンで40曲ライブ。
41歳の今年は、ビルの取り壊しで新天地に移転した梅田のムジカジャポニカで。


不惑を過ぎて実はここのところ結構迷っていたぼく。
熊本から大分に移って3年。
熊本ではやりたことならなんでも、絵でも雑貨でもコーヒーでもフェスでもお店でも、節操なくやってきたのを
自分の音楽以外はなるべく手を出さずに走ってきて、今。
アルバムを作ってツアー。またアルバムを作ってツアー。
音楽で生活を立てられることはわかった。じゃあこれからどうしようとなってしまってた。
これをずっと続けていける?


そのきっかけをこのライブで見つけたい。
とにかくいまできること精一杯やってみてわかったのは、ありがとう!たのしかった!やってよかったなあ!ってことだけでした。
やっぱり先のことはわかんない。考えてもしょうがないねー。


しかし去年の40曲に比べたら余裕だろうと思ったけど、全然甘かった。
相変わらず自分のキャパがわかってないくせに詰め込むクセ発揮。
でも本当にやってよかった。
・・・・・・・・・・・・・
新天地のムジカは梅田の東通り商店街のアーケードの終わりらへん。
マハラジャの向かいの赤いビルの横の階段を登って2階。
今日は岡野のソロでも参加するし、ふたりマーガレットズロースはほとんど合わせて練習できてないし
平井正也BANDでも新曲をやろうとしている。
せい子さんにわがままいって早く店を開けてもらって練習することに。
が、時間になっても扉が開かない。
30分過ぎる。誰も来ない。
階段登ったり降りたり繰り返して、もしかして、エレベーターで2階にいけるんじゃ…?!うおー正解!
PAの萩野さん、せっかく早く来てもらったのに待たせてごめんなさい!
そんなスタートだったので自分が今いるのが新しいムジカだってことに気づかないくらいでしたが、
たとえ落ち着いていたとしても全く違和感がないほど細部にわたってこだわって再現されていた新天地ムジカだったのでした。
本当にすごいです!!
実は早く大阪について、旧ムジカのあたりをうろうろ歩いていたぼく。
空っぽになった扇町ビルを見て、すぐに新しいムジカを受け入れられるかな?なんて心配はすっとびました。
というかこの場所がなくなってもみんながさみしくないようにと、また新しい場所を作ってくれたせい子さんの心意気に感激したのでした。
場所は場所。思い出はまたこれからみんなで作っていこう!
なんてしみじみする間もなく岡野の楽器が壊れるとか、岡野の楽器が壊れるとかアクシデント続出で
リハーサルはバッタの大群が空を埋め尽くしているのか?ってくらいバッタバタ。
30分近く押してようやくオープン。でもすべてが整わなくても時間がやってくるというのは残酷なようで優しいことなのかも。
そうじゃなきゃいつまでも本番を体験できない。いつだって準備は足りないものなんだ。


【岡野大輔ソロ】
どこに消えたかと思ったら楽屋でひとりウイスキーを飲んでいた岡野。
本番が始まるとMCはいつのまにか関西弁になっていた。
「いっぱい飲んでお店に貢献することが大事だと思ってます」ってお前が飲んでるのは持ち込みの酒じゃねーか!
ってツッコミたくなったけど、とにかく引っ越しおめでとう!
それにしてもギターもベースもガムテープで補強してやっと音が出る状態。マジでメンテナンス頼む。
でも歌は繊細さと不器用さと乱暴さが混在して魅力的でした。中学生の初ステージのよう。
ギター弾き語りで2曲うたった後、岡野はベースに持ち替え、ぼくはドラムで2曲一緒にやりました。
岡野のバンド、ノンベーズの曲。ホッピーソングとアナホール。
めちゃくちゃたのしそうにドラム叩いてるように見えたかもしれませんが、ドラムめちゃくちゃたのしかったです!
本来ギターソロのところで、岡野がなにもせずにニコニコ笑顔を振りまいていたのがサイコーでしたがちょっとムカつきました。


【ふたりマーガレットズロース】
最初になにしようかと相談した時、ベースとギターをとっかえひっかえやってた頃の曲をやろうと提案したのは岡野。
熱海くんが入ってからの4人のズロースでは多分演奏することがない曲を選んでみました。


1.空飛ぶ円盤
…ベース弾きながらハイハット踏んで歌いました。岡野の動かない指、おれの心許ないグルーヴ、今にも音が出なくなりそうなベースによるスリル満点の演奏でした。最初はカセットテープでリリースしたかなり初期の曲。CDでは3rdアルバム「こんな日を待っていたんだ」収録。

2.天才秀才馬鹿
…2ndアルバム「こんぺいとう」より。引き続きベースボーカル曲。当初はぼくがうたいながら弾けないようなギターのフレーズを岡野が弾いてくれたのに、、、泣笑 。 ”誰にもばれないうそならまずこのぼく自身だませればいいのに”

3.太郎爆発
…やっとエンジンかかった感じの岡野ギター。チューニングなんて関係ないほどのチョーキング。やっぱりかっこいいね
「こんぺいとう」収録。

4.引っ越し
…ここから平井ギター。たまに弾き語りでもやるけど、ぶよぶよした岡野のベースが入ると、ぐっと良いです。
1st「雛菊とみつばち」収録。

5.おやじ
…あんなにたくさん演奏していたのに。久しぶりにまた岡野と演奏できてうれしかった。「雛菊とみつばち」収録。

6.パンツの歌
…最近小さい子連れで観に来てくれるお客さんが増えてきてうれしい。渋めの古い曲ばっかりやって申し訳なかったけど、現在まで続くたのしいロックンロールの原点はここにあり!「こんな日を待っていたんだ」収録。

7.たんたんたん
…どんなに大事にしている曲でも新しい曲ができるとだんだん演奏しなくなっていくもの。だけど曲を作る時、いつもうたいたいと思っていることはもうこの曲の中に全部入っているかもしれない。”大切なことははじめからぼくの真ん中にあるって” 4th「ネオンホール」より。

8.檸檬
…最後にアディーにドラムで参加してもらって3人で。アディーと最初に作った「PON」のレコーディングライブのアンコール、アディーにやりたい曲を訊いたらこの曲でした。あの時二人でやってから、またいつかやりたいと思っていた。燃えました。「こんぺいとう」より。


【平井正也BAND】
「届く光」収録曲は少なめで、新曲やマーガレットズロースの曲が多めのセットリストですが、誕生日にうたいたい曲を選んだらこうなりました。この日「8月」というタイトルで演奏した新曲は、「6月」に改題しました。初めにギターのフレーズが浮かんで、後から歌詞をつけたけどなんだかしっくりこないところを削っていったら、ほとんど歌詞がなくなってインスト曲みたいになってしまいました。
これからこの曲がいろんなところに連れて行ってくれる予感がしています。まるで最初から「届く光、灯る光」に続いていくために生まれたような気がします。いまはほんの短い曲だけど、いつか30分近い長い曲なっているような気もします。
このバンドの良さをぐんぐん引っ張りだす曲に成長しますように。


1.コントローラー
2.月光のマーチ
3.きみの庭
4.ただいま
5.ぼーっとして夕暮れ
6.斜陽
7.お茶
8.6月(8月から改題)
9.届く光、灯る光
10.少年
11.うその地球儀
ーーーーーーーー
e.c1.マジックバス
e.c2.いろいろ


「少年」はいつの間にかみんなのテーマになったなあ。ピーンと張っていた緊張が一気に爆発したのを感じました。
みんなのたのしそうな顔。最後はうその地球儀。ラーララララーってみんなでうたっているともういつ死んでもいいような気がします。
本当にありがとうってうたってます。
アンコールの起こる中、岡野がケーキを運んで来てくれました。せい子さん、みんな、本当にありがとう!
ろうそくを吹き消して、もう一曲。ギターパンダ・山川のりをさんのカバーでも有名なボンクラ峠の名曲「いろいろ」をうたわせてもらいました。
終わってから元々ぼくの曲だと思ったという感想も。でもこれはみんなの曲だよね。
「この世で一番大切なことは 愛し合うことと今を生きること」。


こんなふうにして41歳になって最初のライブはおしまい。
これからまだあとどれくらいうたえるかわからないけど、一回一回、一曲一曲、一音一音、精一杯やっていきます。
たくさんのご来場ありがとうございました!
ケーキや差し入れありがとうございました!
長いライブおつきあいありがとうございました!
まだもうしばらくおつきあいよろしくお願いします。


くたばれ、ロックの日

2018.6.9 広島 ふらんす座

 

ロックの日なんていうダジャレのために、広島でもあちこちでライブイベントがあったようですが
この日ふらんす座に流れた時間は本当に素晴らしかったです。

 

まずはふたりのルーペズ。去年10月に共演したとき衝撃的によかったthe loupesのふたり編成。「の」が付くのがセンスですね。
ふたり編成ではヴォーカル岡原くんの歌の心地よさと強さが際立ちます。ギターの田村くん、落ち着きがないフレーズですごい変でいいです。ドラムのたくみくんが観に来ていたんだけど、すごいドラマーなんです。また4人編成で観たい!

 

ミカカさん。広島のみんなに愛されるミカカさん。「生きてるうちにLIPミカカ」という広島のミュージシャンによるミカカさんのトリビュート音源を聴いていて、その楽曲の素晴らしさとユーモアと皮肉と溢れるミカカ愛にやられていたぼく。
一曲目からガツンと捕まれ、そのあとまだ不慣れな曲をつっかえつっかえやる様子にも捕まれました。
途中、お客さんの中に明日誕生日の人がいてケーキのサブライズ。わーおれと同じ誕生日だー!なんて思っていたら
不意を突いてぼくにもケーキのサプライズ。しかも運んできてくれたのが先日Tシャツ展でお世話になった岩国ヒマールの辻川夫妻。
ぼくの手描きTシャツを着て来てくれました。驚いたしうれしかった!

 

東京から佐古勇気くん。かっこつけないところが大好きです。そしてもっとかっこつけるようになるのを密かに楽しみに待っています。
髪のツヤと瞳の綺麗さも相変わらず。開演前に近くのお好み焼きや「ビタミン」でいろいろ話せたのもうれしかった。
すこしうたっているのが苦しそうに見えたのは気のせいだったかな。今のうちにもっともっと無茶してたくさんライブしてほしい。
「おっぱい」「今夜すべてのバーで」素晴らしかった。

 

ドッグフード買い太郎。(おいおい、そんな名前あるかよ!主催のモリソンさんがふざけていつもと違う名前でやるのかな?)と思ったら、実在するミュージシャンで、しかも一切冗談の要素がなく、めちゃくちゃ高い音楽性でした。。面白いコード進行もたくさんあって、ぼくなら何曲もつくれそうなアイデアが一曲に詰め込まれてあったり。声も特徴的。みんなによく名前変えろと言われるらしいけど、「買い太郎さん」と呼ばれるのが気に入っているとのことで、このまま行って欲しい。

 

最後にぼく。出演者多かったですがアンコール含めて1時間くらい演奏させてもらいました。ツアーの初日はアクセル踏み加減が分からなくて最初っから思いっきり踏み込んでしまうことがあるのですが、ギターアンプの設定を間違えて爆音だったことも手伝って最後までベタ踏み。普段のふらんす座では珍しい盛り上がりだったらしく、お客さんや主催のモリソンさんがとてもうれしそうだったことに感激しました。アンコールで「いろいろ」のカバー。

 

モリソンさん、主催なのに歌わない。だけど自分が出演する主催の時よりも達成感を感じているみたいでした。
時間、場所、ブッキング、流れ、すべてがうまくはまって、こういうのを見せたかった見たかった!という感じ。
野球の試合に勝った監督みたいな気持ちかな?モリソンさんが企画してくれなかったら勝つどころか試合すらなかったわけで。
本当に感謝です。それにしても広島のミュージシャンのレベルの高さ・・・

 

打ち上げで下のヲルガン座に移動、偶然広島に来ていた山下陽光さんと遭遇。ミカカさんと友達らしい。
平井家の鍋つかみにまつわるくだらない話などで盛り上がる。

この日実は本番の前に撮影もしていました。
ルーペズの岡原くんは映像の仕事が本職で、広島の街と音楽が交差する映像のシリーズを構想していて
光栄なことにその第一弾にぼくをご指名いただいたのです。
時間、空間、光、音楽、衣装、、いろいろバッチリはまってワンテイクですごいのが撮れました。
曲は「うその地球儀」です。公開、ご期待ください!


【平井正也 6月のライブ】

IMG_5182.jpg
6月は誕生月。
晴れるといいねのてるてる坊主。
鍵穴みたい。

新天地ムジカジャポニカでのバースデーライブ。
秋葉原クラブグッドマンの22周年で平井正也BANDのワンマンなど、大きいイベント続きます。


●6月 2日 (土)
熊本県荒尾市 cafe Arbaro
『Arbaro5年目突入記念LIVE』
出演:平井正也DUO(wb 森孝允)
時間:オープン18:30 / スタート19:00
料金:前売2,000円 / 当日2,300円(いずれも+1ドリンク)
※小学生以下無料。中高生 前売1,000円 / 当日1,300円(いずれも+1ドリンク)
※ペア割あります。ペアでご予約されると3,000円!
予約先
電話: 0968-57-8580(cafe Arbaro)
〒864-0015 熊本県荒尾市平山1668−1


●6月 3日 (日)
熊本県熊本市 SUNNY BLUE
「平井正也BANDワンマンライブ〜ばかものーっ!〜」
出演:平井正也BAND(wb森孝允、d増田"ガッツ"修)
時間:オープン18:30 / スタート19:00
料金:前売2,000円 / 当日2,500円(いずれも+1ドリンク)
〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通2丁目5−12
電話: 096-323-7345


●6月 9日 (土)
広島 ふらんす座
『平井正也と佐古勇気』
出演:平井正也、佐古勇気、ミカカ、ふたりのルーペズ、ドッグフード買い太郎
時間:オープン19:00 / スタート19:30
料金:前売1,800円 / 当日2,000円(いずれも+1ドリンク)
予約:電話 082-295-1553 / メール francezainfo@gmail.com
〒730-0805 広島県広島市中区十日市町1丁目4−32
電話: 082-295-1553


●6月10日 (日)
大阪 梅田 ムジカジャポニカ
祝・ムジカ新天地『ムジカ移転と平井41歳と岡野引っ越しを祝う会』
出演:平井正也BAND(wb 船戸博史、d 鈴木亜沙美、key 鈴村まどか)、ふたりマーガレットズロース(平井正也、岡野大輔)、岡野大輔
時間:オープン18:00 / スタート19:00
料金:前売2,500円 / 当日3,000円(いずれも+1ドリンク)
大阪市北区堂山町1-21 モンテビル2F-01号
tel & fax:06-6363-0848


●6月19日 (火)
大分県別府市 紙屋温泉公民館
『湯上りおざしき音楽会』
出演:平井正也、良元優作
オープニングアクト:森孝允
時間:オープン18:30 / スタート19:00
料金:2,000円(1ドリンク付き!)
出店あり
〒874-0942
大分県別府市千代町11-27


●6月22日 (金)
東京都板橋 居酒屋しめちこちゃん
『板橋投げ銭ワンマン』
出演:平井正也
OA:横田堅弘(fromチームしめちこちゃん.居酒屋しめちこちゃん調理長)
時間:18:00オープン 20:00スタート
料金:1,000円(1ドリンク付)+投げ銭+御飲食代
東京都北区滝6-82-1-1F
070-6635-8269


●6月23日 (土)
東京 秋葉原クラブグッドマン
出演:平井正也BAND(wb 船戸博史、d 鈴木亜沙美、key 鈴村まどか)
時間:オープン18:30 / スタート19:00
料金:前売2,800円 / 当日3,300円(いずれも+1ドリンクオーダー)
予約:メール info@nelco-web.com
〒101-0026 東京都千代田区 神田佐久間河岸55 ASビル B1F
電話: 03-3862-9010


●6月24日 (日)
茨城県 勝田駅周辺
『ごじゃっぺ音楽祭2018』
出演:平井正也、ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい)、清水貞信(かまボイラー)、中村義人(from横道坊主)、西島衛(ザ・シックスブリッツ)、にたないけん、ハナクソ、朝日駿、他多数!
時間:未定
料金:2,500円(当日総合受付でリストバンド交換時に別途ドリンク代 500円かかります)
オフィシャルHP http://gojappe.net

【平井正也2018年5月のライブ】

朝、こどもらを見送るのが1日で一番しあわせな瞬間だと思った。

(5月10日更新)

●5月 2日 (水)
秋田県 横手市 Hostel&Bar CAMOSIBA
『SABAR-Mackerel with Rock-』
出演:平井正也
時間:オープン18:00 / スタート18:30
料金:2,000円(+1ドリンク)
※予約の方はサバプレート付き
予約
電話:0182235080(chouchou)
メール:hair.rest.chouchou@gmail.com
※定員 約30名
〒019-0525
秋田県横手市十文字町曙町7-3
電話:0182-23-5336


●5月 3日 (木)
山形県 寒河江市 Cafe&Galleryあるあ〜る
本のあるカフェのような音楽会
『春ですよ〜平井正也 東北ツアー』
出演:平井正也、つきとゆず、登坂尚高、まかろに
時間:オープン14:00 / スタート15:00 (終演予定19:00)
料金:1,200円(1ドリンク付 コーラorジンジャエールorサイダー)
※高校生以下無料
出店:ノウマド、あをいトリ工房、ケダマヤ商店
本の交換会
読み終わった本、おすすめの本などを持ち寄って本の交換会を行います。どなた様でもご参加いただけます。
交換してもよい本をお持ちください。
※駐車場あり
正面の専用駐車場に加え、裏の水道局の駐車場も使わせていただけることになりました。
会場:Cafe&Galleryあるあ〜る
〒991-0003
山形県寒河江市西根上川原42(びっくり市の向かい)
電話: 0237-85-1263


●5月 4日 (金)
福島県 郡山市 居酒屋まとい
『MANAMIのGWスペシャル企画 supported by ゆかぞう』
〜春ですよ平井正也東北ツアー郡山編〜
出演:平井正也、yuichiro takahashi、MANAMI、チームしめちこちゃん、thing of gypsy lion ※O.A こだま
時間:オープン15:00 / スタート15:30
料金:前売2,500円 / 当日3,000円(いずれも+1ドリンク)
※軽食あり
〒963-8052 福島県郡山市八山田4丁目99
電話: 024-939-3239


●5月 5日 (土)
福島県 clubSONIC iwaki
『いわきサイコーです!!2018』
出演:ご当地平井正也BAND [平井正也/高橋柚一郎/杉下潤(notice it)/横山遊季]/ 鹿の一族 / ドブロク / MANAMI / パイナップル独りウェイ / daisuke wanna go / サカモトトシユキ / 魁!!男道 / 三ヶ田ケイゾウ
時間:オープン15:00 / スタート15:30
料金:前売2,500円 / 当日3,000円(いずれも+1ドリンク)
〒970-8026 福島県いわき市 平字大工町9−2
電話: 0246-35-1199


●5月 6日 (日)
茨城 水戸市 Lights out records
『ビューティフルドリーマーズナイトvol.13』
出演:平井正也、スーパーアイラブユー、世田谷ピンポンズ
時間:オープン18:00 / スタート18:30
料金:前売2,000円 / 当日2,500円(いずれも+1ドリンク)
Lights out records
〒310-0021茨城県水戸市南町2丁目-4-58
電話: 029-231-5233

 

●5月12日 (土)
熊本県山鹿市 ヤマガ下町アサヒ
『平井家の半分は熊本でできています vol.3』
出演:平井正也、nelco
時間:オープン19:00 / スタート20:00
料金:2,000円(+1ドリンク)
〒861-0501 熊本県山鹿市山鹿1728


●5月13日 (日)
福岡 清川 UTERO
星の王子さまたち2nd.Album『Beautiful』レコ発ツアー福岡編
出演:平井正也BAND(wb森孝允、d増田"ガッツ"修)、星の王子さまたち、上村憲司、よあけ、シナプス、Cobalt boy
時間:オープン18:30 / スタート19:00
料金:前売2,000円 / 当日2,500円(いずれも+1ドリンク)
〒810-0005 福岡市中央区清川2丁目6-34-2F
TEL/FAX:092-534-5222


●5月18日 (金)
大分県別府市 TONTONTONTUTU トントントンツーツー
『ベレーの神さま ハンチングの仏さま』
出演:平井正也、原田茶飯事
時間:オープン19:30 / スタート20:00
料金:2,000円(+1ドリンクオーダー)
大分県別府市石垣西3丁目4−28


●5月25日 (金)
福岡県 北九州市 たこ焼きBarひかげん
めがねパーティーvol.31
水中サーカス 「大人サーカスEP」レコ発
出演:平井正也、水中サーカス
時間:オープン19:30 /スタート20:00
料金:2,000円(たこ焼き 1ドリンク付き)
福岡県北九州市小倉南区湯川5丁目1−7
電話: 080-1792-1469


●5月26日 (土)
『第3回くらがり音楽会 ロックンロール編』
出演:平井正也、浜口富貴、むらたみのる、つるんづマリー
時間:スタート18:30(21:00終演)
料金:1000円+1オーダー
〒675-0039 兵庫県加古川市加古川町粟津531−1


●5月27日 (日)
京都三条〜四条界隈の複数会場
『いつまでも世界は…』
出演:100組以上
※平井正也はEAGLE(フリースペース)と
去年に引き続き「帽子と眼鏡」という3人組で出演します。
時間:お昼〜21時まで
料金:前売3,800円 / 当日4,300円(いずれも別途ドリンク代 600円)高校生以下無料、フリースペースの入場は全員無料
★詳細は公式サイトをごらんください
http://sekaiwa.info

●5月28日 (月) 
大阪 北堀江 bar mellow
『月とうたえば』
出演:平井正也、前川サチコ
時間:オープン19:30 / スタート20:00
料金:投げ銭 +1オーダー
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江3丁目4−17 ライフラボビル1階

米子ワンメイクにて

IMG_4861.jpg
2018.4.15

5年ぶりに訪れた米子。
ピコさんに会うとホッとする。何年経っても帰って来たくなる場所。
ワンメイクの音、ああ、この音だ〜と思い出す。
森ちゃんとツアー3日目だけど、この日もしっかりリハーサル。
ここのところぼくが再三森ちゃんに伝えていたアレンジ、うまく伝わらないなあと思っていたら最初ぼくがそれはやめてと言っていたアレンジだった。
振り回してごめん。
不器用な森ちゃん、すぐに言葉が出ないけど、なにか考えているときは様子でわかる。
いろんな過程も含めて、きっとよくなっていってる。

出雲から来てくれたオープニングアクトのヨナヨナ。ボーカルのナカイデさんはロックスターのたたずまいだった。ふにゃっとしているけど、真ん中に芯がある歌。ギター、ピアノ、ドラムのスリーピース。もっとメンバーがたくさんいるときもあるらしいけど、とても気持ちいいアンサンブルだった。

ぼくがまだうたいにいったことかない和歌山と島根。ヨナヨナとの出会いで島根は近いうちに行くことができそうです。うれしい!

この日もお客さんさんは少なかったけど、ライブがはじまると暗い店内、いつのまにかお客さんが増えたんじゃないかと錯覚する盛り上がり。これはワンメイク特有の現象で、ダブルアンコールまでさせてもらって本当に本当にサイコーでした。ありきたりな言葉で言えば一体感。

3日間、毎日20曲くらいうたったけど、調子はどんどんよくなっていく。森ちゃんと一緒だとなぜか声を潰さずにすむ。
森ちゃんがうたう「眠れない夜」という曲もライブの流れで大事な曲になって、2人の世界みたいなものができて来ている感じ。
ここらで何か新しい名前をつけたい。

ワンメイク名物のカレーもうれしいたのしいうちあげの後、噂のゴッドハンド湯島さんのお宅にお邪魔する。
うわさには聞いていたけど、この方。
ギターをさわって、どこが悪いか判断して、まるで指圧するようにボディーを押し込んだり、ちょっと削ったりして調整する。
一種の霊能力かと想像していたけど、ギターリペアの東洋医学みたいな感じでした。ギターも人体も同じなんだなあ、、ツボがある。
そしてウソみたいに音が変わった!
ライブ前にやってもらいたかったー!
森ちゃんのウッドベースなんか弾きながらこすられて、どんどん変わっていって、「え?すげー!すげー!どうして?!」とアホみたいなヤラセみたいなリアクションにみんな爆笑でした。
深夜におじゃましたにもかかわらず湯島さん「たのしかったです」と、本当にギターが大好きな人で、またすぐ会っていろいろ話したい人。ありがとうございました!

この日は服屋さんの2階に泊まらせていただく。ここが、想像してたのと全然違うめちゃくちゃ洒落てて居心地のいい空間でびっくり。森ちゃんと野郎2人泊まるにはもったいない、パリの小粋なアパルトマンみたいな、、いったことないけど。
壁にはボギーや大石みつのんさんなど、かつてここに滞在したいろんなミュージシャンのサイン。日付をみるとみんた一度来たら何泊もしてるみたい。我々も一筆させていただく。

翌朝、オーナーのSakuさんとスタッフのヒメさんと一緒にコーヒー。Sakuさんは昨日のライブにも来てくれて、ありがたいことに持ってきてたCD全部買ってくれて。話がおもしろくてあっという間に時間が過ぎる。たのしい人にしか会わなくて、ぼくは幸福者です。

別府〜米子は大変な移動だけど、森ちゃんが水木しげるロードに行きたい気持ちは曲げられず。境港に向かったのでした。

カフェド萌にて


IMG_4773.jpg
2018.4.14

岡山県笠岡市のカフェド萌でライブ。
そういえば今回のツアーは岩国、笠岡、米子
と県境ばかり。
季節も境目で、新緑の勢いがすごいところもあれば、まだ桜が残っているところもあったり。旅をしてると時々時間を巻き戻したような感覚になることもある。
自分の暮らしもちょうどなにかを跨ごうとしている時かもしれない。

はじめて電話したとき「うちはお客さん呼ばんから、近くに来ることあったらまずは一回遊びに来てごらん」といったカフェド萌のせっちゃん。
去年の12月に立ち寄って、店内の雰囲気とせっちゃんの空気に圧倒されて、まるで最初から決まっていたみたいに萌でライブさせてもらうことになった。

高田渡さんのチャージより高くしないというポリシーで、ぼくもまずは1,500円ドリンク付きからスタート。

しかし笠岡には知り合いもいないし、できるだけ声はかけてみたものの結局お客さんは大人3人とこどもひとり。

岡山でライブのとき、よく来てくれるご家族の小さなおんなのこ。いつも最後まで集中して聴いてくれる。たのしい曲の時は本当に抑えられないというふうにからだすべてで反応して。
萌は朝からオープンしているので、早く来たお客さんには公開リハーサルになるんだけど、そのご家族がきのうはリハーサルからずっと観ていてくれた。
「たま」が好きだというまだ5歳の彼女がぼくを見上げて、その小さな顔で受け止めきれなくなって涙をぽろぽろこぼしていた。
ぼくは彼女くらい純粋に歌えているんだろうか?とにかく一生懸命うたおうと思った。

ライブはまるで30人くらいいるみたいな盛り上がりだった。ひとりひとりの気持ちでお店は満員。
いくら盛り上がっても、お店には迷惑をかけてしまったけど、せっちゃんも最後まで真剣に聴いてくれた。コップの水が減ったらなくなる前に注いでくれる気配りで。

笠岡という小さな街で、一年に150本もライブをしている萌。全部ミュージシャンからのお願いでライブが決まっている。
「うちはお客さん呼ばんよ」と言っていたけどたくさん宣伝してくれた。
でも150本のライブみんな大事だから「今日はいいから来て」というような誘い方はできないということだ。
地元のお客さんには会えなかったけど、聴くプロのせっちゃんに聴いてもらえて、「またおいで」といってもらえた。

「他でいくらでやってようが、うちでは関係ない。」萌はせっちゃんの店というより、国だ。いつかせっちゃんが2,000円でやろうと言ってくれたら、それは金額以上に勲章をもらったようなうれしさなんだと思う。

ごはんも食べさせてくれて、ちょっと実家に帰ったような気持ち。せっちゃん、集まってくれたお客さん。ありがとうございました。
この気持ちを忘れないで、また帰って来ます。

ps.おんなのこお母さんがぼくの「うたってポン」という歌に振り付けしてくれて、保育園の朝の体操で踊ってくれているそうです。その保育園、なんと平井保育園というそうです。

岩国 himaarにて

IMG_4754.jpg
2018.4.13

岩国市himaarに集まってくれたみなさん、辻川夫妻、本当にありがとうございました!

平井正也ライブ+作品展「届く光」。
アルバムの10曲をモチーフにしたTシャツがそのまま舞台装飾になって、どっぷり平井度の濃い空間でのライブ。
気持ちいい響きの中で森ちゃんと20曲。
せっかくのシチュエーションなので『届く光』の10曲はすべて演奏して、これで自分の中では『届く光』のレコ発は一区切りついたような気がします。

今回、ライブと一緒に展示をしませんかといってくれたhimaarの純子さん。どんな内容にするかも相談しながら、ぼくのツアーの合間に絶妙なタイミングで「あと2週間ですね!」というような連絡をくれたおかげで、最後まで制作を進めることができました。声をかけてもらわなければ、この作品、1つもこの世に生まれることがなかったんだと思うと不思議です。だから一緒に作ったようなものです。
音楽以外の創作はできるだけしないと固くなっていたぼくの意識をほぐしてくれたこと、とても感謝しています。

できたばかりの新曲「きみの庭」もアンコールで披露できました。いい曲作ろうなんて思わないで、その時々の歌をどんどんうたっていこう。

打ち上げのブロッコリーグリル。今年も本当に美味しかったし、森ちゃんのおかげでいっぱい笑ったー!

来年はヤナギ兄弟がぼくをイメージしてオリジナルのビールを作って、ぼくがそのラベルを描くという企画も…
岩国、これからも大切にしたい街です。

【平井正也2018年4月のライブ】

 

【平井正也 4月のライブ】

 

●4月 1日 (日)
新潟市 LiveSpotWOODY
出演:平井正也、みずすまし、TheSuburbs、まちぶせ
時間:オープン17:00 / スタート17:30
料金:前売2,000円 / 当日2,500円(+ドリンク300円)
※フード出店あり!
〒951-8063 新潟県新潟市中央区古町通6番町965−1 2 4F 古町ビル

 

 

●4月 8日 (日)
大分市 コンパルホール
『春らんまんコンサート』
出演:nelco
時間:オープン13:00 / スタート13:30(終演14:30)
入場無料
※先着80名様にプチ春眠グッズプレゼント!
問)097-538-3700 (コンパルホール)
〒870-0021 大分県大分市府内町1丁目5−38

 

 

●4月13日 (金)
山口県 岩国 ヒマール
平井正也ライブ+作品展『届く光』
出演:平井正也DUO(wb 森孝允)
時間:オープン18:30 / スタート19:00
料金:前売2,500円 / 当日3,000円(いずれも+1ドリンク)
※作品展は4月7日(土)〜15日(日)10:00〜19:00
9日(月)休み。13日(金)はライブ営業のみ。
アルバム「届く光」に収録の10曲をモチーフに、10種類の手描きTシャツを制作。
イラスト原画やnelcoの雑貨作品も展示。
〒740-0017 山口県岩国市今津町1丁目10−3
電話: 0827-29-0851

 

 

●4月14日 (土)
岡山県 笠岡市 カフェド萌
出演:平井正也DUO(wb 森孝允)
時間:スタート19:30(朝からオープンしています)
料金:1,500円(ドリンク付)
予約メール:info@nelco-web.com
〒714-0088 岡山県笠岡市中央町18−7
電話: 0865-63-5293

 

 

●4月15日 (日)
鳥取県 米子市 ワンメイク
出演:平井正也DUO(wb 森孝允)
時間:オープン19:30 / スタート20:00
料金:2,000円(+1ドリンク)
〒683-0812 鳥取県米子市角盤町2丁目64

 

 

●4月22日 (日)
大阪府 交野市 隠れ家鍼灸整体院 ひぐち治療室 & おうちサロン matos
はるちゃんちのさくらまつり〜お花見大宴会♪〜
出演:Jaaja、平井正也、よしこストンペア、亀華呑(亀と華straight jug band with 呑ちゃん) 、ジャグリング&大道芸 パーカーズ、キッズクラブ☆サイクラブ(英語音楽教室)
出店:平井正也ロックンロール珈琲、無添加たこ焼き&各国雑貨 tipipao、サンテリア (津田バーガー&ドリンク)、喫茶ピーコック (お絵かきドリップバッグ&こどもれもねーど)、つくつくロピス箱 たね✳tane(手作りダンボールギター・ダンボールマラカス・ダンボールたいこ)、ランドスケープ(ステキなお花屋さん)、ぽんぽんぽん(ニッチでセンチなお下がり文庫)、寿司さつま(お弁当など)
時間:11:00〜17:00くらい
料金:前売2,500円 / 当日2,800円(いずれもお買い物券付き)
中高生500円、小学生以下無料
予約・問
交野市の隠れ家鍼灸整体院 ひぐち治療室&おうちサロンmatos 
メール:hare_0930@way.ocn.ne.jp
電話:072-860-7184
注)駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
交野市東倉治5-5-16

 

 

●4月27日 (金)
東京 仙川 タイニーカフェ
出演:平井正也、笹口騒音ハーモニカ
時間:オープン19:00 / スタート20:00
料金:2,500円(+1オーダー)
予約・問:電話 03-3305-0400
〒182-0003 東京都調布市若葉町1丁目42−2

 

 

●4月28日 (土)
山梨県甲府市 NAP Bed and Lounge
出演:平井正也
時間:オープン18:30 / スタート19:00
料金:2,000円(+1オーダー)
NAP Bed and Lounge
山梨県甲府市中央4-3-25

 

 

●4月29日 (日)
山梨県 北杜市 仁田平マルシェ
『猿とロックンロールと春の昼』
出演:平井正也
時間:13:00スタート
料金:2,000円(1ドリンク付き)
※小学生以下無料
予約・問い合わせ:
0551-45-6977(仁田平マルシェ)または 090-9341-3814(シマダ)
〒408-0103 山梨県北杜市須玉町江草2210−1
※ナビの場合は2248番地で検索
電話: 0551-45-6977

 

 

●4月30日 (月)
秋田県秋田市 のら珈琲
『春ですよ 平井正也東北ツアー2018』
出演:平井正也
時間:オープン14:30 / スタート15:00
料金:2,000円(+1ドリンク)
〒010-0925 秋田県秋田市旭南1丁目6−2
電話:018-807-7100


| 1/9PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM