今日のしまべん 2012.12.3

 ●12月3日 ねぎチャーハン、さつまいも素揚げ、にんじんサラダ、瓜の古漬け




何が食べたい?とたずねると必ず「チャーハン!」というしま。
ご飯に焼き目をつけて醤油をかけるだけでも大満足のしまです。

【ねぎチャーハン】
・刻んだにんにくで油に香りをつける。
・玉ねぎのみじん切りを炒める。
・しんなりしたところでご飯とざっくり刻んだ子ねぎを投入。
・塩、コショウ、醤油、ナンプラー、最後にごま油で味をととのえました。

大学芋をのっけようかと思っていたのですが、チャーハンの味がわりとしっかりしていたので
さつまいもは素揚げにしました。

にんじんサラダは有美子作。晩ご飯の残り。
たまねぎ、レーズンがはいってて甘酸っぱくておいしかった。
瓜の古漬けはお隣さんの家から発掘されたもので
すごい色しているんですけど、もう宝物としか言いようがないほどうまい!
これとごはんだけで他におかずがいらないほどの危険なしょっぱさです。



先日しまの小学校のもちつき大会に参加してきました。
林田さんのもち米と持ち寄りの野菜で作る豚汁。

問題は豚肉の産地で、当日までに何度も先生に質問していました。
回答は「熊本県産を中心に国内産のものを使う」というものだったのですが
しつこく熊本県産だけにしてもらうよう求めた結果、
オール熊本県産食材にしていただけました!
先生、ありがとう。
近所のスーパーに勤めていらっしゃるPTA会長さんのおかげでもあります。
みなさん、ほんとにありがとう!

もちも豚汁もほんとうにおいしかった。
自分の小学生の時の持ちつき大会のもちのおいしさが忘れられないので
もちつき大会ではしまもみんなと一緒に同じものを食べられたらいいと思っていたのです。

普段ほとんど肉食しない平井家ですが、その理由は

肉は出どころがはっきりしにくいこと
友達や近所の人たちの作る野菜がおいしすぎること
しばらく肉を食べないうちにあまり食べたくなくなったこと
(肉が続くと口の中が荒れたり、疲れたりしてしまう)

などなど。

学校の給食は地元の食材が中心だそうですが
パンや肉や魚、加工品となるとはっきりしません。
給食もこの町でつくられるものだけで作れたら素晴らしいのにな〜

ところで、もちにつけるものは各家庭で持参だったのですが、
平井家は、
あんこ、こなこ、のり、しょうゆ、砂糖醤油、納豆、大根おろし、かつお節
を持参するという気合の入りようでした。

おかげで授業参観には遅刻して、しまの発表を見逃してしまった・・・(笑)

漫画「リトルフォレスト」によると
「つきたてのもちは、砂糖醤油で味付けした納豆で食べるのが一番うまい」
確かにうまかった・・・。

家族四人で参戦して、間違いなく一番もちを食べていた平井家でした。
(お土産もまでいただきました)
大感謝。




今日のしまべん 2012.11.8 、11.9

●11月8日
あんかけチャーハン(揚げもち、れんこん、白菜)
納豆汁

 

【こうやって作りました】
チャーハン
・みじん切りの玉ねぎと黒米入りご飯を炒める。
・刻んだにんにくで油に香りをつけて、レンコンを蒸し焼きに。
・白菜を入れてしんなりしたら、酒と塩こうじで味付け。胡椒と塩でととのえる。
・適当に水を入れてぐつぐつさせて、片栗粉でとろみをつける。
・角切りにしたもちを揚げて、餡のうえにのせてできあがり。

納豆汁
・残りの味噌汁に水を足して、ダシの代わりにひきわり納豆と南関揚げを入れました。


この頃は特別に弁当を作るわけじゃなく、
昼ごはんをなるべくそのまま学校に届けている感じです。

レンコンは近所の友達と共同購入した無農薬レンコン。
最初強火で焼き目をつけてから、蓋をして火を弱めると甘みが出るんだって、最近教えてもらいました。
ごろごろと大きめに切るのがボリュームがあって好き。

白菜はクルンノウエンのますみさんにもらったタイニーシュシュ。
一番外側のはっぱまでやわらかくておいしいです。

もちはこの前のもち投げでもらってきた今年の新米のもち。
中華おこげをイメージして揚げてみたら、乾燥していないからか、なべの中でくっついてしまったけど
外側がカリっとして、油がじゅわっと染み出して、餡と絡めて食べるとたまらない食感。
納豆汁はいいダシがでたし、納豆嫌いのしまもじんたも喜んで食べました。

いつも学校から帰ったしまに「今日のお弁当どうだった?」と訊くのがおかえりのあいさつみたいになってきました。


●11月9日
・さつまいもご飯
・ひっつみ汁


【こうやって作りました】
・お米に角切りにしたサツマイモ、昆布、酒、しょうゆを適当にいれて圧力鍋で炊く。水の分量は普段どおり。圧力鍋で炊くと芋がやわらかくなりすぎた感じだったけど、芋のでんぷんが溶けだしたのか、それとも新米だからか、黒米のせいか、とてももっちりとして美味しかった。
サトイモの皮を捨てずに素揚げにして塩を振ってご飯にのせてあげました。

・ひっつみ汁というのは前の晩に「リトルフォレスト」という漫画を読んでたまらなく作ってみたくなった
東北の郷土料理で、熊本のだご汁みたいなもののようです。

小麦粉を水で練って、一晩ねかせることでコシを出します。
土鍋に水、昆布を入れて、弱火にかけながら
大根、人参、里芋、こねぎを刻んでは次々投入。
しょうゆ、酒、みりんで薄めに味をつけたところで寝ました。
朝起きて鍋に火をかけて、だんごをうすく伸ばしてちぎって放り込みます。
煮立った汁に最後にカツオブシを入れてできあがり。


漫画ではダシは煮干と乾燥しいたけだったけど、
昆布とカツオでやってみました。

だんごをひっつまんでいれるから「ひっつみ」というそうです。
はじめちょっと味気ないかな?とおもったけど、すこし煮込むとおいしかった。
じんたと一緒に団子をまんまるにまるめたり、ドーナツのかたちにしたり、栗のかたちにしたりたのしかったな。


(だしのはなし)
我が家ではカツオブシはそのつど削って使っています。
ダシをとるときも取り除かずに食べてしまいます。

煮干でダシをとるときは水の中に一晩入れておくと少しの量ですごい味が出ます。
頭もはらわたもそのまま放り込んで食べてます。
このまえスパゲッティーのトマトソースに煮干をいれたらすごく美味しかったな。

昆布、鰹節、煮干はまだ震災前のものだけ使っています。
その割にはぼくはケチらず大量に使うのでゆみこはもったいないと言うけど
おいしいのでいつもたくさん入れてしまう。
なくなったらまた何か考えたらいいから。

乾燥しいたけはいいものが手に入らないのでずっと食べてません。
大好きなものでも、ないならないでいいか、と思ってしまう。



じんたの絵を切り取って便箋にしています。
手紙もずいぶんたまってきました。
大きくなってから読んだらおもしろいだろうなと思いながら。







今日のしまべん 2012.10.29

 小学一年生の娘、しまにいつも弁当を届けています。
きのうはねぎ焼き。
じゃがいもとしめじも入れました。

はじめの頃は保温できる弁当箱にご飯を詰めて
おかずもたくさん作っていたんだけど
食べるのに時間がかかりすぎていつもほとんど昼休みがないらしい
という事実が発覚し、この頃は食べやすさ重視です。






いつもちいさな手紙をつけて届けています。
クラスの友達や先生も、たのしみにしているんだって。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM