ようじくん

ようじくんのことを。

ようじくんは旅人で、東京から歩いてやって来ました。
はじめて会ったのは9月の終わり頃。

稗島珈琲店の稗島さんが
「お〜い、歩いてるの〜?」
と声をかけて、ようじくんを店に招いたのがすべてのはじまり。

その時、たまたま店内でかかっていたマーガレットズロースの「べいびー」を
ようじくんは知っていました。
4月に東京を出発するときに、友達に聴かせてもらっていたのだそうです。

そしてぼくが今はこの町に住んでいて、お店をやっていることを知ってしそにぬにやって来ました。

真っ黒に日焼けして、髪はぼさぼさ。
ここまで歩いて来たこととぴったりするようなしぐさで
なんでもゆっくりで、いつでもおだやか。
風呂はあまり入らないけど汚れた感じもしない
23歳の青年。

4月に東京を出発したようじくんは、
大きなリュックとライオンの絵が描いてあるボロボロのギターを持って
鹿児島をめざして歩いていました。

早速歌をうたってもらうと、
空とか土とか木がたくさん出てきて、
ようじくんそのまんまの歌で
極端な話、うたわなくてももううたっているような歌。
うたわなくてもうたっているような人。

ぼくはすぐにようじくんが好きになって
ゆみこもしまもじんたもようじくんが好きになって
それからしばらく家に泊まっていきました。


そのようじくんが鹿児島から帰ってきたのです。
寒くなってきたので帰りはヒッチハイクと電車で。
うれしかったな〜
こどもたち大興奮で大変な夕ご飯だった。

少しだけよっていくつもりが、ぼくの福岡と熊本のライブに連れて行ったり
しそにぬで珈琲を飲んだり、稲刈りを手伝ってもらったり、温泉に行ったり、
スリランカカレーの忘年会があったりして
結局12月6日から12日まで南関町にいたようじくん。
毎日、とてもたのしかったよ。


しそにぬ倉庫でうたうようじくん。コートは鹿児島の古着屋で150円だったんだって。


稲刈りの休憩でみかんをむくじんたとようじくん


ようじくんがしまの弁当につけてくれた手紙





どこかでようじくんを見かけたら
「お〜い、歩いてるの〜?」と声をかけてください。
そして一緒にごはんを食べるといいですよ。
ようじくんが「おいしい」っていう言い方、ほんとにいいから!


今日帰る、今日帰ると言ってなかなか出発できなかったけど
12月16日の選挙に投票するためにようじくんはいま東京へむかっています。
いままで一度も選挙に行ったことがなかったんだって。

今回は絶対行った方がいいよ!といって
YOUTUBEの山本太郎さんの演説をみせてあげたら
「選挙にいきたくなりました」といったようじくん。
途中いろいろ寄りたいところもあったはずだけど
いまは東京へ急いでいます。



はじめて選挙に行くどころか、自分が立候補したくなる山本太郎さんの街頭演説。
ぜひ見て欲しい。

原発、TPP、徴兵制・・・。
今度の選挙はいままでの選挙とはわけが違います。
みんな選挙行こうぜ!!


ところでようじくんのことでもうひとつ。
別れ際にはじめて合奏したら
めちゃめちゃリードギターがうまかったの。
うたうと素朴で不器用な人柄そのまんまなのに、
まるで空を飛んでるみたいにギターを弾いたんだ。
これは驚いたし、爆笑しそうだった!

今度熊本に来たら、一緒にライブしようと思う。
その前に、今月のマーガレットズロースの東京のライブで会えたらいいな。



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM