クラブ グッドマンとマーガレットズロースの20周年に寄せて

音楽が大好きで、ライブが大好きな人なら
誰だってきっと大好きなバンドがあるはず。
そして宝物みたいに大好きなバンドの解散という出来事も
何度か経験しているはず。
バンドが長く続いていくということはもしかしたら
所謂「売れる」という出来事よりも珍しいことなのかもしれません。

マーガレットズロースが結成から今年で20年を迎えます。
それはただの数字に過ぎないにしても
しかしそれは愛の連続とも言えます。
とぎれることなく、いつも誰かが愛してくれたのです。
いままでぼくたちに偉大なインスピレーションを与え続けてくれた
すべてのみなさんに、大きな感謝と大きな愛をお返しさせていただきたく
その記念ライブを、同じくオープン20周年を迎える秋葉原クラブ グッドマンで開催します。

グッドマンの歴代のスタッフの皆さんには本当にお世話になりました。
グッドマンがなければライブハウスのぼんやりしたステージ上の音のなかで
なんとなくいい気持ちで演奏するだけで満足していたかもしれないぼくたち。
自分たちのバンドの音というものに最初に向き合わせてくれたのは
優れたグットマンの音響設備とスタッフの皆さんの力量だったと思います。
そして同じ規模のライブハウスでは随一の照明設備。
あんまり立派で昔はちょっと恥ずかしくなるくらいでした。
東京のライブハウスではグッドマンが一番好きというお客さんは少なくありません。
それにグッドマンのスタッフはみんな本当にやさしいんです。
心からおめでとう、ありがとう、大好き、グッドマン!

そして共演するバンドはまさにこのイベントにふさわしい
素晴らしいタフさとしなやかさを兼ね備えた二組、Analogfishとおとぎ話。
決してなだらかではなかったはずのそれぞれの道を、
自分たちのだけのやり方で15年以上突き進んできた彼らに敬意を表して
<バンド!ばんど!BAND!〜たとえばそれは俺なら〜>というタイトルをつけました。
バンドとは一体何なのか?
その問いに対する全く違う答えを3通り体験することでしょう。
3つのうち1つしか知らない人でも、きっとあたらしいお気に入りに出会うはずです。

オープニングアクトのマガズロサクセションはぼくとマーガレットズロースのギター熱海裕司の二人組。特に説明しませんが、たぶんマーガレットズロースでは見せないような一面が見れると思います。思いっきりやります!

では能書きはこれくらいにして
6月3日金曜日、秋葉原クラブ グッドマンでお会いしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クラブ グッドマン×マーガレットズロース ダブル20周年記念
<バンド!ばんど!BAND!〜たとえばそれは俺なら〜>

●6月3日(金)秋葉原 クラブグッドマンにて
【出演】マーガレットズロース / おとぎ話 / Analogfish
O.A:マガズロサクセション

【Open / Start】18:00 / 19:00

【前売 / 当日】¥3,000 / ¥3,500(共にドリンク代別途+¥500)

【チケット取り扱い】
プレイガイド(イープラス)/ グッドマン店頭前売 / グッドマンホームページメールフォームより予約
入場順:イープラス(番号順)→店頭前売(番号順)→グッドマンメール予約(ご来場順)
http://www.clubgoodman.com/blog/?p=11258

コメント
20周年おめでとうございます!! 正也くん逹の色を爆発させて素晴らしい、20周年をお迎えくださいそして、これからも、より多くの感動が生まれますように♪
  • 小熊隆介
  • 2016/05/30 2:10 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM