よーちゃん、焼きそばうんめか?

2016年11月23日


午前中、よーちゃんと散歩。
きのうは暖かったが、今日は寒い。雪が降るらしい。
新設されて5年生から通った東豊小学校までの通学路。
こっちはだいぶ景色が変わっていた。
なぜか学校のフェンスにくくり付けられていた
「犬のふんを持ち帰ろう」という看板だけがずっと変わっていないように見えた。
一瞬雪が降り出し、雨に変わったのでウオロク(スーパー)に避難。
この日は素粒子の話など。
本当は全部からっぽで、なんにもない。
本当はなんにもないから、悩みも存在しない。


昼は両親と萬福へ。
美味い。
とーちゃんがたのんだ塩あんかけラーメン


ちょっと辛かったので尻によくないからと、かーちゃんに食べさせようとする。
久しぶりに実家に帰ったけど、とにかく両親が仲良くてずっと笑っている。
本当に内容のないことで笑えるのは最高だ。





夜、顕法寺でのライブは本当に素晴らしかった。
友達や親戚もたくさん来てくれて結婚式のよう。
お寺の響きもすごく気持ち良い。
最初に演奏してくれた音酔は幼馴染のいなちゃんがドラムで
リーダーの小見さんは知らなかったけど遠い親戚だった。
「いいねっか」とか新潟の方言で歌う曲がおもしろい。
ドリンクやフードを出してくれたのも幼馴染の広岡。
こんなに昔からの友達や親戚にお世話になって、すごいホーム感だったけど
どアウェーで演奏するより緊張する。
かなと思ったけど、ただハッピーで、ただたのしく、気持ちよくうたえた。
みんなありがとう。





撮影:広岡

小学校の頃飼っていた犬との思い出の歌「たま」を歌うのが、ぼくにとってハイライトだった。
新発田で「たま」をうたえて、よかった。たま、ごめんね、ありがとう。


アンコールで音酔と「そっぺねえ」をセッション。
間奏で新潟弁のセリフをまかされ
「よーちゃん、焼きそばうんめか?」「うんめよ」
「よーちゃん、じゃがいもうんめか?」「うんめよ」
のフレーズを延々繰り返す。
昔、新発田祭りでよーちゃんがいろいろ買い食いして、みんなが「うんめか?」と聞いて
よーちゃんが「うんめよ」というだけでなぜか爆笑したエピソード。
お客さん知ってるはずないけど、みんなたのしそうだった。


近くの居酒屋でやった打ち上げはまさに同窓会。
離れているといつも集まってるのかと思うけど
こんなことがないとなかなか集まれないのが現実らしく
また来年も帰ってきたいと思う。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM