10年まちがい続けたら

2016年11月27日

今年も青森に来ることができた。
まずは青森まちなか温泉、去年と同じパターン。
旅の日常ってこういうものかしら。

うきぐものあきひとのやってる居酒屋、もぐらやでライブ。
まずは安達くん。9月のハイコーフェスぶりなので「おーっす」という感じだけど、安達くんの赤ちゃんは天使からちょっと人間に近づいたみたい。安達くんの歌には安達くんと安達くんの好きなものがたくさん詰まっている。


バンドのメンバーも観に来てくれていて、安達くんの代わりにギター弾いたり、割り箸でグラスを叩いたり、緩くてもバンドはバンドだなあ。

うきぐもはあきボー以外の4人がそろった。
さっきまでビール注いだり、焼きそば作ったりしていたあきひとの歌をいままで以上に優しく感じる。小さい音の、短いライブだったけど、うきぐもの音だった。
あきひとはあたらしいトラベルギターを弾いていた。これからも「そのギターどうしたの?」って尋ねられるくらいのペースで会いたい。



ぼくは長野〜新潟〜山形〜秋田〜青森のツアー最終日だったけど、特別なにかが終わるわけでもなく、たのしくうたわせてもらった。アンコールの「ロックンロールをよろしく」でうきぐもかずやがカホン叩いてくれた、いい夜。
次はみんなでホタテロッカーズのテーマやろう!

ライブの後、久しぶりにライブに来られたお客さんと話していて「もしかして八戸の?!」と聞いたら「10年前も八戸から来たと間違われました、逆にうれしいです」というエピソード。10年まちがい続けたらもうある意味間違いではないね。

ところで青森の寒さにびびってスパッツにレッグウォーマー、靴下重ね履きという万全の下半身で臨んだ平井でしたが、青森では誰もそんなの履いてませんよ、とうきぐも野宮。
行きつけのスナックのママの分もと、CDを2枚買ってくれた。
出会った頃あんなにフレッシュだった野宮がおれを追い越してどんどんおっさんになっていく。
打ち上げでも野宮の下ネタが群を抜いてエグかった。
歳を重ねると、相対的に歳の差がなくなっていき、たまに追い越されることがある。

あきひとが出してくれた新鮮なホタテや伝説のちくわの磯辺揚げ、美味かった。
大分と青森はこんなに遠いのに、もぐらやはなぜか近所にあるような気がする。
うとうとしてしまい早めのお開きになったけど、今から行って飲み直したい。

横手のサバくさい夜

2016年11月26日

今夜のライブを主催してくれたのはゴマシオキッチンの進藤くんではなく、彼の右腕、秋田のオダギリジョー、ヘアレストシュシュのオーナー近江くん。
会場はシュシュの向かいのフィリピンパブ「オリーブ」。
近江くんはお店の周年記念などでそのフィリピンパブを使って「SABAR」というサバ缶をアレンジした料理と音楽のイベントをやっているそうで、今回のライブも「SABAR」です。考えることがくだらなくて、さすが秋田人、大好き。

生の近江くんよりハイコーシネマに登場する近江くんをよく観ているので、近江くんの言葉がみんな映画のセリフみたいに聞こえる。他のハイコースタッフより訛りがキツい。その甘いマスクとのギャップがたまりません。

オープニングで演奏してくれるコピーバンドでは近江くんはドラムに初挑戦。他のメンバーも、初めて弾く楽器をやるというのがコンセプトのリアルパンクバンドでした。地元でホームのはずなのに、会場のオリーブにはなんとも言えない変な緊張感が充満していて、アウェー感たっぷりの初ステージ。
音のバランスとか細かいこと無視で、振り切っていて実にかっこいい。 ヒロト役の進藤くん、「ぼくが高校の時はみんなハイスタのコピーをしていて、ブルーハーツは微妙にかっこ悪い時代で、、でも本当はブルーハーツをやりたかったんです」みたいなことを話して、思いっきりヒロトみたいな動きで、本物じゃないんだけど、学園祭特有のヒーローオーラが出まくっていました。



秋田のヒロトさん


秋田のマーシーさん


秋田の河ちゃん


秋田のかじくん


秋田のミッキーさん

ゴマシオキッチンやハイコーフェスではいつも進藤くんの隙のないリクエストでセットリストが決まってしまうので、今回は自分のうたいたい歌たっぷりやるぞ!と思っていたのに。
うっかり近江くんと進藤くんにリクエストを聞いてしまいやっぱりほとんど隙がなくなってしまった…
秋田のライブはいつも特別過ぎて、いつもの感じのライブというのも一度観てもらいたかったのに。
結局いつもの感じなんてハイコーフェススタッフのみんなの前ではできないんだな…
そもそもいつもの感じってなんだ?
それでもうたいたかったフィッシュマンズのカバー「Go Go Round This World!」。
この景色の中をずっと2人で歩こうぜ〜

ちなみにフィリピンパブの音響はカラオケマイクとお店のスピーカーシステムを利用しており、マイクの音作りどころか、マイクごとの音量の調整すらできない。マイクとの距離で塩梅を工夫。これはこれでカラオケの限界に挑戦できてよかったが、次回はちゃんとした音響でもやってみたい。

サバ缶料理はサバージョが美味しかったです。
打ち上げの北海屋もサイコー。
けれど打ち上げというのはライブが終わったたのしさの上にあるはずなのに、ライブが終わったさみしさの方が大きいからやっぱり秋田。もう一回最初からやりたくたる。

追記:こちらは横手の変な店。

近江くん曰く残念ながらあまりほめるところがないそうです。

急行食堂とゴマシオキッチン

2016年11月25日

山形から電車で横手へ。途中新庄で乗り換え、長い待ち合わせ。
ちょうど昼時、街中をぶらぶらして見つけた 「急行食堂」の暖簾をくぐる。


いかにも昭和の食堂。気になるメニューがずらりと並ぶ。天国ラーメン、地獄ラーメン、どちらも味噌味らしい。

名物、鳥モツラーメンを注文。
待っている間、実家に電話。
きのうなに食べて帰ったの?何時頃家についた?
切り際、「正也が優しく成長してくれてうれしいよ」と母。
親にとってはいくつになっても子供は成長するものなんだね?おれ来年40歳。苦笑。


鳥モツ、あまり入ってないじゃん、と思うかもしれませんが、下にたくさん沈んでます。いろんな部位があって、魚卵みたいな食感のも。スープはどこか甘い。あまじょっぱい、というと醤油と砂糖のイメージがあるけど、そうじゃなく、塩と砂糖みたいな感じ。
麺がべちゃべちゃしていたけど、ここで素晴らしく美味しいラーメンを期待していたわけではなかったのかも、満足して店を出た。

秋田、ゴマシオキッチンでゆっくりするために今日はライブをしない。9月のハイコーフェス以来、進藤くんと再会。
明日のライブでハイコースタッフがバンドを組んで、ブルーハーツやハイロウズをやってくれるらしく、店内はブルーハーツやハイロウズが流れていた。
コーヒーとりんごのケーキ、とても美味しかったよ。普通、ファンというのは一方通行なものかもしれないけど、ぼくは進藤くんやハイコースタッフのファンなんです。


でもぼくはいつもあたらしい歌が聴きたいな

2016年11月24日

よーちゃんと散歩三日目。
今日は通った中学までの道を歩こうとして、途中からなにもない田んぼ道に変更。
うちのすぐ近所にからこんな山が見える。





山ってこんなものだと思っていたけど、遠くの山が青く見えるほど
途中なにもないなんて景色ってのは、日本中いろんなところに行ったけどめずらしい。
よく釣りに行ったます潟、水鳥が過密状態。


あちこち3時間近く歩いた。
散歩の途中、若い女性2人組から宗教の勧誘を受けたが、あまりに唐突で
もうちょっとやり方を考えたほうがいいんじゃないかと助言したくなったが
誰もいない道でいきなりだったのでとっさに避けてしまった。
がんばれ。

両親が今夜の米沢のライブ会場までドライブがてら送ってくれることになった。
途中カツ丼を食べた。
あまじょっぱいタレカツ。
最初にキャベツをたくさん食べると急に血糖値があがらなくてよいのだと母。
親子でキャベツの千切りを食べる様子はちょっと変だった。

山形までの道はうっすらと雪で白くなった山里の街道。
美しいが住むにはなんともさみしそうなところだった。
少し早く着いたのでコーヒーでも飲もうかという流れだったが
米沢でちょっとコーヒーを飲める店はついに見つけられず、
地元のデパートをぶらぶらして、両親と別れた。
二人でなにか美味しいものを食べて帰るという。なんだかうれしかった。

山形のライブは、京都で山形県人会の芋煮会の後やったライブが縁で決まった。
共演のあべあいこちゃんとつなげてもらって金熊食堂という居心地のいい深夜食堂でライブ。
最初にうたってくれたあいこちゃん、ハスキーな声でどこかたどたどしく、

うたいながら自分のまんなかをさがしているような様子に共感した。
とにかく気の利くいいこで、集まった人たち皆きっとあいこちゃんのことが大好き。



あいこちゃんのうたう背後から

もう一組は友達のバンド、うきぐものあきボー。
自分とうきぐもと歩みを歌とMCでたどるライブ。
ぼくはなるべく説明せずにライブしたいのでなんだか新鮮に感じた。
この頃はあたらしい曲をつくっていないらしい。
いろいろ大変そうでいまはそういう時じゃないみたい。
でもぼくはいつもあたらしい歌が聴きたいな。

あきボーの家に泊めてもらっていろんなことを話した。
自分のなりゆきまかせの暮らしのことをばかばかしく話しただけだったけど
あきボーにはちょうど元気のでる話だったみたいでよかった。


よーちゃん、焼きそばうんめか?

2016年11月23日


午前中、よーちゃんと散歩。
きのうは暖かったが、今日は寒い。雪が降るらしい。
新設されて5年生から通った東豊小学校までの通学路。
こっちはだいぶ景色が変わっていた。
なぜか学校のフェンスにくくり付けられていた
「犬のふんを持ち帰ろう」という看板だけがずっと変わっていないように見えた。
一瞬雪が降り出し、雨に変わったのでウオロク(スーパー)に避難。
この日は素粒子の話など。
本当は全部からっぽで、なんにもない。
本当はなんにもないから、悩みも存在しない。


昼は両親と萬福へ。
美味い。
とーちゃんがたのんだ塩あんかけラーメン


ちょっと辛かったので尻によくないからと、かーちゃんに食べさせようとする。
久しぶりに実家に帰ったけど、とにかく両親が仲良くてずっと笑っている。
本当に内容のないことで笑えるのは最高だ。





夜、顕法寺でのライブは本当に素晴らしかった。
友達や親戚もたくさん来てくれて結婚式のよう。
お寺の響きもすごく気持ち良い。
最初に演奏してくれた音酔は幼馴染のいなちゃんがドラムで
リーダーの小見さんは知らなかったけど遠い親戚だった。
「いいねっか」とか新潟の方言で歌う曲がおもしろい。
ドリンクやフードを出してくれたのも幼馴染の広岡。
こんなに昔からの友達や親戚にお世話になって、すごいホーム感だったけど
どアウェーで演奏するより緊張する。
かなと思ったけど、ただハッピーで、ただたのしく、気持ちよくうたえた。
みんなありがとう。





撮影:広岡

小学校の頃飼っていた犬との思い出の歌「たま」を歌うのが、ぼくにとってハイライトだった。
新発田で「たま」をうたえて、よかった。たま、ごめんね、ありがとう。


アンコールで音酔と「そっぺねえ」をセッション。
間奏で新潟弁のセリフをまかされ
「よーちゃん、焼きそばうんめか?」「うんめよ」
「よーちゃん、じゃがいもうんめか?」「うんめよ」
のフレーズを延々繰り返す。
昔、新発田祭りでよーちゃんがいろいろ買い食いして、みんなが「うんめか?」と聞いて
よーちゃんが「うんめよ」というだけでなぜか爆笑したエピソード。
お客さん知ってるはずないけど、みんなたのしそうだった。


近くの居酒屋でやった打ち上げはまさに同窓会。
離れているといつも集まってるのかと思うけど
こんなことがないとなかなか集まれないのが現実らしく
また来年も帰ってきたいと思う。


それじゃあすき焼にならないじゃん

2016年11月22日


昨日の夜実家に帰って、朝起きると風邪っぽい。
かーちゃんの心配ぶりは相変わらず。


友達のよーちゃんと散歩。
ふたりが4年生まで通っていた五十公野小学校までの通学路。
それから弁天沼。4年生の時展覧会で描いた仁王様。
ふと気になって山道に入ると五十公野城趾があった。
急な坂をくだると東中学校の体育館裏。
普通の大人に見られたら明らかにあやしいふたりだった。
会話の内容は、よーちゃんが最近食べたペヤングのにんにくMAX味の話とか
よーちゃんが最近ニョッキにはまっているという話とか
よーちゃんが投稿しているネットの小説サイトの最近の傾向の話とか。
たぶんこんな感じで小学校の頃も通学路で話していたと思う。


時間って枝分かれしているもののような気がする。
いろんな場所や人と出会って、あたらしい時間の枝分かれができるけど
幾筋も時間は別々に流れて、なつかしい場所や人と会うと
また前回の続きからゆっくり流れ出すような。
そんな人ばかりでもないけど、よーちゃんとの時間はそんなふうに流れている。


午後、あしたのライブ会場の顕法寺さまへ下見。
寺を継ぐために新発田に帰った中学同級の青木、頭を丸めて袈裟姿。
参道を掃き清める姿がすごくかっこいい。
ご本尊を背にすると客席が横長になってしまうから、ステージは本尊向かって左奥にしよう
という提案だったが、それではそれではせっかくお寺でやるのにもったいない。
席の作り方や、照明、駐車場、ドリンクチケット、
いろいろ細かくうちあわせできてよかった。
青木の奥さん、ご両親、みんな親身になってイベントに協力してくれてありがたい。


ライブの宣伝にエフエムしばたへ。
パーソナリティーの中村さんとのトークがたのしくて
かなり盛り上がり、時間オーバーしてしまった。
「うその地球儀」をかけていただく。



パーソナリティーの中村博和さんと


晩御飯は実家ですき焼。豚肉だけど。
すき焼ではいつもたまごが足りなくなる。
一個ずつしかなかったのに、かーちゃんが自分のたまごをくれようとする。
「それじゃあすき焼にならないじゃん」


柏崎らくだや

2016年11月20日

次どこでライブしようかとグーグルマップを眺めていても、なぜか新潟に気持ちが向かないでいた。
出身地だから?でもぼくは日本の他の多くの県より新潟のことをよく知っているわけではなかった。
長野ネオンホールの後は、ひとりで新潟へ行こうと思い立った。
ギターパンダのライブスケジュールに柏崎のらくだやという店が載っていた。ただそれだけでえい!と連絡をとってライブをさせてもらえることになった。きのうはそんな日。

旅行がてら長野までライブを観に来た両親とおじさん夫婦に車で柏崎まで送ってもらう。
途中戸隠で蕎麦を食べた。
母はすっかり白髪が増えたが、顔立ちが若いのでちょっとおかしかった。
相変わらず変な服を着ている。いつか一緒に服を買いにいっておしゃれをさせてあげたい。

初めての訪れた柏崎はその日ちょうど市長選だった。
外から聞くのと、実際に原発のある街にいるのとでは肌で感じる雰囲気が違う。 ぶらぶら歩いた街はシャッターが多めだったが、気になる看板がたくさんあった。
すれ違う人がなぜかみんな自分に似ているような気がする。新潟の人は新潟の人の顔をしている。

らくだや。よい店だった。知らない店に飛び込んでこんなふうに歓迎してもらえるなんて思っていなかった。お店のスタッフでもある共演の奈々さんのおかげで満席。初めてぼくの歌を聴く人ばかりの会場で、初めて自己紹介のラップを披露した。久しぶりに爪を割るほどのテンションでギターを弾いて、ライブの後も気持ちよく酔ったところでマスターの亀田さんとセッション。たのしいロックンロールとスタンドバイミー。
また必ず行きたい店がひとつ増えた。

まったく最高の日だった 長野ネオンホール

2016年11月19日 長野ネオンホールでマーガレットズロースの20周年ライブ。 長野だけでなくいろんなところからネオンホールで演奏するマーガレットズロースを観にお客さんが集まってくれた。そういえば昔、はとロックバスツアーというのがあった。マーガレットズロースとチョコレートパフェで、お客さんも一緒にバスでネオンホールに行った。同じ宿に泊まって修学旅行みたいだった。 マーガレットズロースがネオンホールでライブというと、変にセンチメンタルな気分になってしまう。バンドのいわば青春時代をすごした学校の美術準備室みたいな場所なので。 そんな気分をゲストのThe Endがたんたんと吹き飛ばしてくれた。過去の思い出でなく、バンドの未来が見えた気がした。The Endとセッション。一番好きだと言ってくれた「はるかぜ」も、100回くらい練習したという「ぼーっとして夕暮れ」も想像していたより全然器用ではなく、櫻井さんそのままで最高だった。 アンコールでお客さんにリクエストされた「たんたんたん」。4人で演奏するのは初めてのぶっつけだったけど、いちばんライブな瞬間だった。岡野が突然ハープを吹き出して、何年ぶりかの岡野の爆発力を見た。岡野の復活。20年やってよかった。 ネオンホールありがとう。
ネオンホール近くにあるヤマとカワ珈琲店での写真

山崎公園

2016年11月18日 横浜、中川駅の近くにある山崎公園の樹々がすっかり紅葉していた。 今年のもみじは色が濃いみたい。 もみじを観ると思い出すのは以前住んでいた熊本の荒尾の家。 果樹園の中の小さな平屋、どこからどこまでが庭で、どこからが果樹園なのかわからないというすごい環境だった。 その家をぐるりと囲むように何本ものもみじが植えられていた。 家も壁2面が全部サッシになっていて、いつでももみじを眺めることができた。 その借家で暮らしたのはわずか1年ちょっとだったけど、秋に燃えるようなもみじを観て思ったのは「自分のものは何もない」ということだった。 このもみじは自分のものじゃない。ただ、いま、もみじの側にいるだけなんだ。 この世界で何かを所有するってどういうことだろうと考えた。本当に自分のものなんて何もない。自分の体でさえも。 自分が作った曲も自分のものじゃない。 ぼくたちは何も持っていない。 だから全部持っているとも言える。 大昔の人はそんなふうに生きていたんじゃないかな。 何かを自分のものにしようとした途端に、その感覚は消えてしまった。 クロマニヨンズを聴きながら歩いていたら 山崎公園を歩いているぼくの視界がミュージックビデオみたいだった。


ねもとくんとうーちゃん

ねもとくんとうーちゃん。
このふたりがいるおかげで、どれだけ勇気をもらったかわかりません。
日本のいろんなところでぼくを支えてくれたり、ぼくよりぼくを信じてくれるような人たちがいます。
そんな人たちが受け取ってくれているのは、もしかしたら平井正也という人間が作っているいわゆる「音楽」だけじゃないのかもしれないなーと思ったりします。
聞こえている音楽の根っこの方になにか大きな物があって、それをキャッチしてぼくは音楽にして、それをキャッチしてくれる人たちがいて、もともと同じ何かを分け合って生まれて来ているような。
それを思い出して泣きそうになったりするのじゃないかな。
とにかくぼくはとても個人的に歌をつくってはいるけれど、自分の力を越えた大きなものに動かされて歌ができている気がします。
そのスイッチを押してくれるのが観に来てくれるお客さんだったり、主催してくれる人たちだったり。
歌をうたっていると、うたっているひとも聴いている人も同じだと感じることがあるんです。とてもよく似ていて、どっちがどっちだかわからないくらい。
音楽を好きになることは音楽を作るのと同じくらいの才能なんだと思う。
前置きが長くなったけど、ねもとくんとうーちゃんは、ぼくの歌を聴きに来てくれるお客さんで、ぼくのライブを企画してくれる主催者で、ぼくによく似ていて、ぼくのスイッチを押してくれる大事な人です。

今度そのふたりがそれぞれ主催するイベントが2日続けて開催されます。
初日は大阪でデビューライブをいきなりワンマンで飾った「平井正也BAND」
2日目は平井正也とふちがみとふなとのベーシスト、船戸博史のユニットで出演します。

ぼくはこの2日間のライブをとても観てもらいたい。
それはこの2日間のライブがとても良いライブになることを知っているから。
なんでそんなことが言えるかというと、そういうストーリーだからです。思いがたくさんつまっているからです。ねもとくんとうーちゃんのことが好きだからです。もう随分前からはじまっているライブなのです。

まだマーガレットズロースのニューアルバムがリリースされて間もないタイミングで、マーガレットズロースのリリースツアーの最中ですが、こういうあたらしいことをやろうとするのは、次のイメージを実現するためです。
マーガレットズロースのアルバムは素晴らしい物です。
それはもうできたものなので、それを広めるのと同時に次のあたらしいことをはじめないと、ぼくはもうじっとしていられないのです。

この2日間でたくさん新曲を披露すると思います。
まだどんなバンドアレンジになるのか、何曲形になるのか
当日までわかりませんが、これがぼくの次に発表する作品の雛形になるはずです。
いままで平井正也ソロのライブ音源やCD-R作品をたくさん出して来ましたが、来年は平井正也のファーストアルバムと言えるような作品をリリースします。そのレコーディングバンドをイメージして平井正也BANDを結成しました。

「夢の人」「たま」「ごきぶりツイスト」「コントローラー」という新曲ができました。
「おならのうた」「いい夜だよ」「金木犀」などの音源化されていない曲もやりたい。
この2日間は挑戦です。
めちゃくちゃわくわくしています!
つまり、ぜひ観に来てくださいということです。

 

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
【うー&ねもとのリレー企画2デイズ鵯】
10月 9日 (日) 
下北沢 BASEMENT BAR
『生ものですのでお早めに!』

出演:平井正也BAND
(ウッドベース:船戸博史、ドラム:鈴木亜沙美)
ペドラザ、
スーパーアイラブユー

時間:オープン18:00 / スタート18:30
料金:2500円+1ドリンク
予約:hirai@magazuro.com

 

【うー&ねもとのリレー企画2デイズ 鵺】
10月10日 (月) 
下北沢 風知空知
『逆立ちすれば答えがわかる vol.7』

出演:平井正也+船戸博史、Sundayカミデ(from天才バンド、ワンダフルボーイズ)
時間:オープン16:00 / スタート17:00
料金:前売3300円 / 当日3500円(いずれも+鵯ドリンク)
※定員50名(プラス立ち見10名程度)

予約:電話→03-5433-2191(風知空知)
メール→yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp

★10/9・10の2デイズご来場の方に記念品プレゼント!


<< | 2/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM